私たちの技術

Exergy EthorCEL®およびPURAQ™製品は、Exergyが特許を取得したAdvanced Electroionization(AEDI)テクノロジーに基づいています。 AEDIは、プレートとフレームのメンブレンアセンブリ(写真を参照)であり、一般にスタックと呼ばれます。スタックが低電圧の電気で充電されると、水のイオン化可能な成分を非常に低いレベルまで継続的に除去し、システムがプロセス水から脱イオン水を生成して再利用できるようにします(EthorCEL®の場合)。または、PURAQ™プラットフォームを使用して脱イオン淡水を生成します。

エクセルギーAEDI連続処理は、ボトル内の今日のイオン交換(IX)樹脂をワンステップ処理に置き換えます。再生や処理を必要とせずに、処理アプリケーションで脱イオン水(生水とリサイクル水)のオンデマンド生産が可能です。AEDIは化学物質を使用した再生を必要とせず、再生のためにオフサイトに輸送する必要もありません。

Exergy が誇る革新的な技術は、さまざまな膜と電気化学の原理を活用して、以下の業界をはじめとした各業界が抱えている製造上の問題を解決します。

  • エレクトロニクス

  • 太陽光

  • ディスクドライブ

  • 金属

  • 航空宇宙

EthorCEL®テクノロジー

EthorCEL® は、イオン交換膜、イオン交換樹脂、および直流電位を使用して、水からイオン性成分を除去する高度な電気脱イオン (AEDI) 技術に基づいています。AEDI は、電気透析とイオン交換という 2 種類の技術を 1 つのモジュールで実現しています。イオン交換膜はイオン交換混床を電極から分離します。イオン交換樹脂はプロセス水からイオン性物質を除去し、電極は直流整流器によって通電される樹脂の電気再生を提供します。

 

EthorCEL® は、高い技術が求められる用途で通常必要とされる超高純度の仕様に対して、低 TDS プロセス水を確実に精製できるように設計および製造されています。標準の EthorCEL® を使用すると、総溶解固形物 (TDS) を .99 以上に削減できます。  さまざまな EthorCEL® モジュールに必要なエネルギーは、1,000 ガロンの高純度水あたり 0.8 ~ 1.6 kWh です。

これは、プロセス水の品質、回収水として望ましい生成物の品質、および温度などといった、さまざまなプロセス指標によって異なります。印加される直流電力は、回収されるプロセス水の品質に応じて範囲が調整されます。  EthorCEL® によって生成された水の品質は、プロセス水の品質に依存します。総溶解固形物 (TDS) が数百 ppm のプロセス水から、低 MΩ・cm の流入水の品質までの精製水の比抵抗により、低 ppm TDS から 18 MΩ・cm の生成物品質が生成されます。EthorCEL®  は、高純度が求められる運用に対する厳格な水質基準を満たすことができます。

©2020 by Exergy Systems Inc.